京町しずく > 広島 居酒屋 > ブログ > 京町の三色味噌田楽盛り合わせで田楽の魅力にハマろう | 京町しずく広島中央通

ブログ

京町の三色味噌田楽盛り合わせで田楽の魅力にハマろう | 京町しずく広島中央通

2019.02.27
京町の三色味噌田楽盛り合わせ
こんにちは、京町しずく広島中央通店PR担当です。

 

京町しずく広島中央通店の「京町の三色味噌田楽盛り合わせ」は、こんにゃくや野菜を三色の味噌をつけて楽しめる一品です。
さまざまな味噌の味を楽しみながら、古くから伝わる田楽の素朴な風味に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

田楽は「田楽舞い」を踊る姿に似ていることに由来




田楽の由来は、平安時代にまでさかのぼります。
農村で田畑野作物が豊かに実るよう「田楽舞い」を踊ったことに由来します。
この田楽舞いでは、一本の竹馬のような「高足」を使って舞う田楽法師がおり、その一本足と田楽の串を一本鎖した姿がにていることから「田楽」と呼ばれるようになりました。

 

各地で独自に愛される田楽の味をお酒と一緒に


田楽は日本各地で独特の味を持っています。
例えば東北地方である岩手県では、めでたい席で豆腐の味噌田楽を囲炉裏の火のまわりであぶり、にんにく味噌をつけてアツアツを頬張る習慣があります。
福島県では、里芋やこんにゃく、餅などを串に刺して食べます。

東海地方になると、大根場を乾燥させて炊き込んだご飯と一緒に味噌田楽を添える、菜飯田楽(なめしでんがく)が親しまれています。
このように田楽はその土地で愛される味にアレンジされて親しまれているのです。

酒

日本で古くから愛される郷土料理だからこそ、日本酒と一緒にお楽しみいただくのがおすすめです。
ぜひ京町しずく広島中央通店にお越しの際は「京町の三色味噌田楽盛り合わせ」を、お好みのお酒と一緒にご賞味ください。

 

当店は庭園個室で楽しむ京の風情と本格和食のお店です。
古都の雅な雰囲気を演出した完全個室にご案内いたします。
女性に人気の創作和食をメインとしお豆腐や湯葉のお料理、男性にも御満足いただけるようなオリジナル料理をご提供。
宴会コースは全て2時間飲み放題付きとなっております。

京料理の定番「湯葉」などを使用した一風変わった創作料理から、ご宴会に欠かせない新鮮な鮮魚の刺身や焼き鳥など、バラエティー豊かにご用意致しております。

電話番号:050-7576-1319

以上、京町しずく広島中央通店PR担当でした!

※コース料理に関しまして、内容、構成が一部異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

京町しずく広島中央通店のご案内

店名
京町しずく広島中央通店
住所
〒730-0033 広島県広島市中区堀川町4-11 広島アサヒビール館5F
電話番号
050-7576-1319
営業時間
17:00~23:30
※営業時間前も宴会可能!(早割・遅割特典有)

※席料としてお通し代あり。
(コース時は料金に含まれます)
※営業時間前の団体宴会はご予約を承ります。
 お気軽にお問合せ下さい。
※特別期間中は営業時間に変更がございます。(年末年始や連休など)
定休日
アクセス
広電本線・白島線 八丁堀駅 徒歩3分